自社ローンに「保証人」は必要?保証人なしで自社ローンを利用する方法!

自社ローンに保証人は必要?
新型コロナウイルスに関する注意
令和2年5月24日、緊急事態宣言が全国で解除されましたが、 自社ローン販売店へ訪れる際は、「三つの密」を避け、マスクをして自社ローン販売店へ訪問してください。

自社ローンの申し込みには、基本的には保証人が必要となります。自社ローンは個人間のお金の貸し借りとも言えるので、販売店側からしてみればきちんと支払いをしてもらえるという”保証”が欲しいというわけです。「保証人がいないから中古車は諦めよう…」そんな方もいるかと思いますが、実は保証人がいなくても自社ローンを利用する方法があるんです!

ここでは、保証人や保証料、保証人なしで借りる方法などについて詳しく解説します!

スポンサーリンク

自社ローンの保証人について

保証人とは?

保証人とは?

保証人は誰でもなれるわけではなく、親や兄弟など身内に限られている場合がほとんどです。通常の借り入れと同じように、もし支払いが滞れば保証人に請求がいくことになります。なかには「保証人なしでOK」と謳っている販売店もありますが、なにもなしで貸してくれるわけではありません。

保証人なしの場合は、保証人の代わりに保証会社を付ける場合がほとんどです。その場合、保証委託のための手数料が別途かかってくるため注意が必要です。

保証人が見つからない場合は?

保証人が必須なのに保証人が見つからない場合は、こちらから保証会社を付けることを提案してみましょう。販売店としては車両代金の未回収のリスクを避けられればいいので、意外とOKだったりします。保証会社を自分で探さなければいけないので手間はかかりますが、その分手数料が安い保証会社を探すこともできます。

保証会社を付ける場合は、なるべくお金を貯めてから購入することおすすめします。保証委託の手数料はローン残高によって変わってくるためです。頭金がなく車両代のほとんどを自社ローンで賄う場合と、ある程度頭金を用意し、不足分を自社ローンで賄うのでは手数料は大きく変わってきます。自社ローンは支払いの分割回数にも制限があるため、支払いの負担を減らすためにもなるべく多く頭金を用意しておきましょう。

スポンサーリンク

保証委託(保証会社)の手数料について

保証委託(保証会社)の手数料

保証委託の手数料はいくらくらい?

TLA(一番使われている保証会社です)の場合、手数料は支払総額の10.5%~となっています。ローンの残高が50万円とすると、手数料は5万円以上となります。手数料は販売店によって異なり、だいたい15%前後の金額が必要となる場合が多いようです。なかには手数料は審査次第という販売店もあるので、気になる中古車を見つけたら販売店に問い合わせてみてください。

あまりにも高額の手数料を取られる場合は、残念ながら悪徳な販売店の可能性もあります。トラブルを避けるためにも、諦めて別の販売店を探してみましょう。

保証委託の手数料はいつ支払うの?

手数料は保証金として初めに全額を支払わなければなりません。なので、購入する前にある程度のお金を用意しておく必要があります。

「保証人不要、頭金なし」などと謳っている販売店もありますが、本当に初期費用が0円というわけではありません。それでも、通常のローンが利用できない以上、自社ローンがなければ車両代の全額を支払わなければならないということを忘れてはいけません。今の状況を販売店にきちんと伝え、初期費用がいくらになるのか確認してから購入するようにしましょう。

>>自社ローンは債務整理中や任意整理中でも審査通るって本当?


\\中古車が欲しいあなたへ!//

完全無料の中古車無料探しサービスなら「ズバット」!

中古車選びのプロ「スマートラーライフプランナー」があなたの予算に合った最適な中古車を探してくれます。

「低価格な中古車がいい!」などローンの相談も含めて対応してくれます!



RECOMMEND こちらの記事も人気です。